チャレンジ価格

『ミネラル還元活性水素水生成器、全国で一番のデスカゥントに挑戦!!』
『もし、他のサイトで当社価格より安かったら、調査のうえ、更に値引きいたします。』

menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

★●お詫び・・・全国一番のディスカウント価格を目指してこの【チャレンジ価格ページ】をつくりましたが、ある事情のため、チャレンジ価格の表示が困難になりました。つきましては、ご面倒でも、チャレンジ価格は《お問い合わせ》でお願いします。・・・《ある事情とは、インターネット上では、価格を表示できないくらいディスカウトという意味です。まずは、お気軽に、お問い合わせを・・!》


☆☆ 当社は、チャレンジ価格をお問い合わせした方への配慮から、その後のメール・電話等による勧誘等は、一切おこなっておりません。また、個人情報保護法を厳守していますから、その他においても、ご安心ください。☆☆

   

●このホームページからのお問い合わせ方法は、《トップページ》から、メニュウの《チャレンジ価格情報の請求》に移動、そのページの「氏名・メールアドレス 」を記入してから、一番下の《内容確認へ》をクリックしてください。次の《確認ページ》でも、一番下の《送信》をクリックしてください。(注)メールアドレスが無記入の場合、「チャレンジ価格」の返信ができません。もし、《チャレンジ価格返信専用ページ》を二日経っても受信が出来ない場合、メールアドレスの記入に間違いが生じた可能性があります。再度、メールアドレスを記入して送信してください。または、他の方法を選択してください。【注】当社では、返信する際のメールアドレスは、必ずコピー、貼り付けの手順でおこなっております。

●お問い合わせ・・・受信後は、迅速に《チャレンジ価格専用ページ》を返信します。「ご質問」もお受けします。


●お問い合わせ・携帯電話番号・・・090-5848-2669(softbank)(担当者が常に携帯しています)《日曜・祭日・深夜にかかわらず、是非ご利用ください。》
※担当者 須田、恵比須


●ABC活性水素水研究室の電話番号とFAX番号・・・tel 0184-43-5373 携帯090-5848-2669(softbank)《日曜・祭日もお電話してください。》 FAX 0184-43-5732

☆☆☆当社では、活性水素水生成器《還元太郎・スイレックス》の価格を、全国で一番の低価格をめざして販売させていただいております。しかし、当社価格が他社より高い場合(無料サービスも査定として含む)、調査のうえ、さらに値引きいたします。☆☆☆


●《PSEマーク》・・・平成18年4月から、電気用品安全法により、《PSEマーク》の表示のない電気製品は、販売できないことになりました。法律で定めた安全基準をクリアした製品だけが販売できることになったのです。当然、当社で扱う製品は、《PSEマーク》付です。ご安心ください。

●国際特許製品の活性水素水生成器専門メーカーのため、誇りをもって販売しています。そのため、大手通販の取引をお断りしています。

●本物の活性水素水生成器です。最初に、水素分子を大量に発生させ、その水素分子を最新技術のスーパー変調ミキシングした高周波数でうねりを起こし、数十倍のパワーを発生させ、活性水素を増大し還元電位をさげます。活性水素の量と、還元電位を希望の数値で飲用できます。

●商品・価格・その他のご質問はご遠慮なくお願いします。・・・担当 須田・恵比寿まで

●当社は、総合代理店として13年の実績(会社創業は、昭和61年、資本金700万円)があります。各種クレジット会社の審査に合格して会社運営しております。当社の扱っている製品は、直接メーカーから、A級規格品の新型を仕入れしております。どうぞ、ご安心して、ご注文をお願いします。・・(注)(バッタ系列の製品にはご注意ください。写真は、同じでも旧タイプがあります。一年保証と《PSEマーク》の問題も生じます。)

☆最新型活性水素水生成器・・・ウルトラ還元太郎2機種とスイレックス⇒ ☆驚きの 《チャレンジ価格》を お問い合わせしてください。


★特徴・・・ウルトラ還元太郎(HS-553U,HS-398U)は、上部のコントローラに、デジタルデイスプレイを採用しました。また、ウルトラ還元太郎とスイレックスには、脈動回路と特許金網を追加し、電極をオール白金メッキにすることにより、電気分解効率が向上し、活性水素の発生率が、パワーアップ。更に、水の有機物、農薬、次亜塩素酸等の除菌力が向上。活性水素の発生が、長期間安定します。

●HS-553U ウルトラ還元太郎(6リットル)実質5リットル・・・メーカー希望小売価格(税込)・190000円の品→チャレンジ価格を請求
●HS-398U ウルトラ還元太郎(8リットル)実質7リットル・・・メーカー希望小売価格(税込)・・・200000円→チャレンジ価格を請求

●HS-410U ウルトラ還元太郎(10リットル)実質9リットル・・・平成21年3月で製造終了
●RH-350SW スイレックス(5リットル)実質5リットル・・・メーカー希望小売価格(税込)・・・197400円→チャレンジ価格を請求


◎《新品》新型活性水素水生成器・スイレックス(メーカー希望小売価格197400円)⇒ ☆驚きの 《チャレンジ価格》をお問い合わせしてください。                                                              


●RH-350SWスイレックスは、コスモスエンタープライズ社製造(OEM)のウルトラ還元太郎の同格品。品質は安心です。ウルトラ還元太郎と違う点は、マグネシウム合金板、ミネラル濃縮液、ハイレモンの代替としてミネラルカセットを使用しました。(トップページのスイレックスをクリック)

ミネラルカセットの内容・・・バナジウムセラミックス、磁鉄鉱セラミックス、ゲルマニウム鉱石、黒曜石、海緑石
(注)鉱物ミネラルのため、鉱物ミネラルアレルギーの方は、ウルトラ還元太郎を推奨します。(以前、鉱物ミネラルアレルギーを患っている方からご相談を受けましたので)・・・ウルトラ還元太郎で使用のミネラル濃縮液は、米国のソルトレイクの天然ミネラルから製造したもので安心した品質を確保しています。

==================================================================================================

〇ウルトラ還元太郎とスイレックスは、どちらも、同じ早川英雄氏の特許で製造しています。還元太郎は、特許権者の早川氏の『自然還元研究所』が製造。スイレックスは『コスモスエンタープライズ社』のオリジナル製品です。基本性能は、どちらも同様です。 故障のすくない製品で、活性水素の発生は、私の測定検査でも、理想的数値 が出ております。
コスモエンタープライズ社のスイレックスは、OEM特許を買って製造していますから、価格は還元太郎よりやや高くなりますが、活性水素の発生率のレベルを維持しながら、消耗品のランニングコストを抑えるため、マグネシウム合金板、ミネラル濃縮液、ハイレモンの代替えにミネラルカセット(4000円約六ヶ月)を採用しました。これにより、スイレックスは、還元太郎より一年間で約23000円ランニングコストを抑えることが可能になりました。

スイレックスの消耗品 毎日一回通電したとして 
●ミネラルカセット(約六ヶ月)4000円×2=8000円
●総計=一年間で8000円

還元太郎の消耗品 毎日一回通電したとして
●マグネシウム合金板(約四ヶ月)2300円×3=6900円
●ミネラル濃縮液(約三ヶ月)4700円×4=18400円
●ハイレモン(約三ヶ月)1400円×4=5600円
●総計=一年間で30900円
(注)但し、二日に一回通電するとしたら、消耗品のランニングコストは、半分になります。
==================================================================================================

『その他のご質問のご紹介』

質問1

=貴社のサイトを拝見して、ミネラル還元水に興味を持ったものです。そこで疑問に思ったことは、ウルトラ還元太郎とスイレックスで還元された水には、性質的に違いはないのでしょうか?

(A)違いはありません。全く同じ性質の水です。同じ特許のコントローラーで、同じパワ−でス−パ−変調交流電気分解をして、活性水素を生成しています。

==================================================================================================

質問2

=還元をかける前に水のphを弱酸性にとのことですが、そのためにウルトラ還元太郎にハイレモンを入れる旨書かれています。スイレックスの場合には、ミネラルカセットのみで弱酸性になっているのでしょうか?
それともハイレモンを入れたほうがよろしいのでしょうか?スイレックスの付属品にはハイレモンがないので。

(A)還元太郎、スイレックスは、通電終了時点でPH7.8あります。それを中性のPH7.0
に下げるためにハイレモンを使用します。スイレックスもハイレモンを入れた方が良いのですが、製造元の判断でハイレモンは付属品に入っていません。スイレックスは、ミネラルカセットのみでしたらやはりPH7.8です。しかし、メーカーにしてみたらOKの範囲ということです。

※スイレックス御購入の際、ご希望があれば、当社でハイレモン一本、付属品として追加サービスさせていただきます。味の違いを比べてみてください。
「ハイレモンサービス希望」と書いてください。本体発送のとき付属させて戴きます。===============================================================================================

質問3

=2013/8/4『行列のできる法律相談所』で放映された長島一茂さん所有のスイレックスは、RH-350Sですか?それとも、RH-350SWですか?

(A)私の家族が、その番組を観ており、「長嶋さんがスイレックスを持っていたよ」と言いましたので、「それじゃあ、監督も飲んでいるのかな?」
そんな会話があったのですが、旧タイプも新型も同じ型ですから、仮に、私がテレビを観ていたとしても、画像だけでは判断できなかったと思います。

◎《新品》活性水素水生成器還元太郎 HS-398 (8g) ★メーカー小売価格 168000円の品 を(税込)  ⇒ ☆驚きの 《チャレンジ価格》を お問い合わせしてください。・・・※還元太郎は、全機種、●水道取り付け工事不要・カートリッジ交換がありません。


●8リットル、この容量があったら大抵は間に合います。1日3gに挑戦!この量を毎日飲んだら、驚く変化があるという・・・その他、いろいろ用途につかえます。早川氏の本を読んでみましょう。

◎活性水素水生成器 風呂用還元太郎 HS-426U   ⇒ 平成25年の台風被害により製造が終了しました


●・・・交流電気分解した還元風呂には、ミネラルやマイナスイオン物質が多く、しかも、浸透性、抗酸化値・活性水素量が多い。水が毛穴の奥まで浸透して皮脂や老廃物などの汚れを洗い流してくれますから、皮膚も白くツルツルになります。この風呂に入っていると、体を石鹸で洗う必要ないほど綺麗になります。それに、通電中でも入浴できます。勿論、感電することはありません。世界中を探しても、活性水素水のお風呂というのは、聞いたことはないはずです。早川氏自慢の製品です。最新型になってから、電極の掃除がオートマチックになったので、毎日の電極の切り替えが不要になりました。

●トラブルのある肌には必ず活性酸素が発生しています。お湯の電位を下げる事で肌表面の酸化を防ぐことができます。酸性液を加えることで、浸透圧を高め、肌の奥深くまで活性水素水の効果を届かせることが可能になります。

==================================================================================================


《アトピーでお悩みの方の効果的な使用方法》


人それぞれの症状がありますから、ひとつの目安とお考えください。


一段階・・・お風呂のお湯の温度は、37か38度。通電のみ
《説明》これだけでも、アトピーの症状によってはピリピリします。とくに小さい子供は、ピリピリして嫌がる子もいます。でも我慢です。30分はお湯につかりましょう。


二段階・・・還元研究所オリジナルのお風呂用ミネラル濃縮液を湯船に入れます。
《説明》理想は、一回20ccですが、5cc 10cc 15cc 20cc と増やしてください。刺激を和らげて、湯冷めがしないよい温泉になります。

三段階・・・いよいよクエン酸をスプン一杯(5g)を入れます。
《説明》アトピーには、ビリビリするかもしれません。辛抱が肝心です。お湯の温度も、40度まで徐々に上がれば良いでしょう。三か月間が目安です。
 

●他社との比較


《水素量の比較》

A社 アルミパック   500ml  540円   約6.6ph  水素量1ppm
B社 アルミパック   500ml  472円   約7.2ph  水素量0.5ppm
C社 アルミパック   500ml   540円   約6.6ph   水素量0.75ppm
D社 アルミパック   230ml  300円   約7.8ph  水素量不明
E社 アルミパック   200ml  330円   不明ph   水素量1.3ppm
F社 アルミ缶     310ml  180円   約8.0ph  水素量0.2ppm
スイレックス・ウルトラ還元太郎・・・容量は、5リットル,8リットル・・・500mlあたり  約7〜9円  約7.8ph  水素量0.89ppm

※たとえば、水素水を、1日2リットルをアルミパックで飲むとしたら、1年間いくらかかるのでしょう?
525円(500ml)×4本×365日=766500円 

が、還元太郎、スイレックスなら、1年間、
10円(500ml)×4本×365日=14600円       

もし、天然水のペットボトルの購入をやめることを考えたら1年間の収支はどうでしょう?

定価120円の(500ml)のペットボトルを、上記と同じ条件で計算すると
120円(500ml)×4本×365日=175200円







menu前ページTOPページ次ページspace.gifHOMEページ

- Topics Board -